FC2ブログ

DrKKのポートフォリオ②

 今週大幅にポートフォリオを組み替えたのでお知らせします。

ポートフォリオ2

売却済 Jストリーム、チャットワーク、AIinside
新規購入 フロンティアM

多少利益は出ていましたが、値動きの悪かったチャットワーク、AIinsideは間引きしました。一方、年間の売上が少なかったため、速報にはしませんでしたが、上昇が見込まれるフロンティアMを新規購入いたしました。オニールも言っているように大抵

1つは素晴らしい銘柄
もう一つはまあまあの銘柄
最後はぱっとしない銘柄

となる傾向が多いです。どんなに自信がある銘柄を揃えていても結果的にこうなります。その際にはぱっとしない銘柄を間引きするとより洗練されたポートフォリオが出来上がります。

Jストリームはまだまだ上がりそうなので、保有していても良かったかもしれませんが、私はJストリームのようなチャートパターンでいきなり急落する銘柄をいくつか経験したので、売却できてむしろほっとしています。天井を見抜ける自信がない場合は、問答無用で20%で利食いします。

結果論ですがその分別の銘柄に投資し、利益をさらに伸ばせたのでこれも良しとしています。
スポンサーサイト



コメント

re: フロンティアM(7038)について

お答えします。

>フロンティアM(7038)について質問です。
>
>4/16に日足の終値で高値を更新していますが、陰線となっていることに注目してみました。
>陽線で高値を更新した場合とは対応方法が異なるのでしょうか?
>例えば、様子見として少なめの株数でエントリーしたり、
>大陰線だった場合などは見送ったり、といったことです。
>
>よろしくお願い致します。

→陰線でも陽線でも対応は一緒です。むしろ陰線でピボットを超えた場合、ライバルが減り翌日にピボット丁度で買える可能性が高いので私はむしろ好んでいます。ただ今回週足では超えきれなかったので恐る恐る2回に分けて購入しました。最終的な買いの決め手はすららネットとチャートパターンが似ていた事です。同時期の似たパターンはさらに成功率が高まるからです。

フロンティアM(7038)について

フロンティアM(7038)について質問です。

4/16に日足の終値で高値を更新していますが、陰線となっていることに注目してみました。
陽線で高値を更新した場合とは対応方法が異なるのでしょうか?
例えば、様子見として少なめの株数でエントリーしたり、
大陰線だった場合などは見送ったり、といったことです。

よろしくお願い致します。
非公開コメント

プロフィール

DrKK

Author:DrKK
DrKKのCANSLIM投資サロンへようこそ!

本サロンの目標は

「1年以内に他人に依存せず、1人で判断できるCANSLIM投資家になる!」

です。

 本サロンは読者参加型です。共通の目的を持った仲間と切磋琢磨しながら技術の習得を目指します。
もちろん閲覧だけの参加もOK!

本サロンは教育サロンです。「上がる銘柄をただ知りたいだけ」という方は裏サロン「DrKKのCANSLIM投資裏速報」への移動をお願いします↓
https://drkkcanslim-u.fc2.net/




関連著作一覧↓

「ど素人が7日で株式投資をする方法」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 パート2」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 パート3」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 チャート集」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 天井サイン集」


「オニールの成長株発掘法を米国株で実践する方法」

「オニールの空売り練習帖を株探で実践する方法」

「IPOのUターン型で短期でガツンと稼ぐ方法」

「テンバガーを株探でスクリーニングする方法」

「株式投資3日でメンタルをコントロールする方法」

「日本人がバフェットに直接投資をする方法」


<留意事項>

※当マガブロは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別銘柄における投資助言に該当するようなメール・コメント等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。
また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証するものではありません。投資は自己責任です。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロのベースとなる考え方は著者の過去の書籍ですべての方がご参照いただけます。

カテゴリ

マガブロ購読者数

現在126人が購読中です

マガブロ一覧を見る

フリーエリア

検索フォーム