fc2ブログ

新刊のお知らせ

新刊のお知らせです。本書はCANSLIM投資の応用編として、決算前に急騰銘柄を仕込むという方法をお伝えするものです。
ある程度CANSLIM投資をマスターしている方が対象ですが、本サロン2年目以上の方であれば十分理解できるかと思います。
投資成果の向上に寄与できれば幸いです。

今週の相場観vol.18

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

今週の相場観vol.17

 現在の市場の影響か、今週はめぼしい銘柄はありませんでした。銘柄診断の投稿も今週はなかったので、代わりに今週の相場観をお伝えしたいと思います。

2022年7月19日にNYダウがフォロースルーを示し、上昇トレンドの開始かと思いましたが、8月16日をピークに、下落トレンドの再開となっています。当初は単なる調整かと思いましたが、25日、75日、13週、26週とそれぞれの支持線をことごとく割り込み、出来高を伴う下落を続けています。

よって今後は下落トレンドの継続と、市場平均の最安値の更新が現実味を帯びてきていると考えてよいでしょう。8月26日あたりで保有銘柄を手放した人は良い判断だったと思います。あの辺がターニングポイントだったかなあと思われます。

しばらくは現金化、空売り、ベアETFなどが良さそうです。

「一歩進んで二歩さがる・・・」

そんな状況が続きますね。

今月のベーシック講座及びアドバンス講座について

みなさんこんばんわ。ベーシック講座で買いに関する知識のインプットはできましたでしょうか?今月より知識の定着を図るために、アウトプットの講座が始まります。以下今月の予定です。

8/8(月)~8/13(土) ベーシック講座vol.17 ファンダメンタルマラソン①
8/22(月)~8/27(土) ベーシック講座vol.18 ファンダメンタルマラソン②

会員の皆様には1週間まるまる銘柄の探索に取り組んでいただきます。よって、銘柄診断のある週のベーシック講座および、今月のアドバンス講座は休止致します。市場を見ていて突発的な状況やお知らせなどは、日曜不定期にご連絡できたらと考えております。

本日のベーシック講座について

本日のベーシック講座はファンダメンタルマラソン①を予定していましたが、週末に天井診断があり混乱を避けるため、お休みとさせていただきます。
次回は8月8日を予定していますので、もうしばらくお待ちください。

プロフィール

DrKK

Author:DrKK
DrKKのCANSLIM投資サロンへようこそ!
本サロンはいつでも、誰でも参加可能です。
全くの初心者が今日からでも参加OK!

本サロンの理念は

「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える!」

です。

 本サロンは読者参加型です。共通の目的を持った仲間と切磋琢磨しながら技術の習得を目指します。
もちろん閲覧だけの参加もOK!

本サロンは教育サロンです。「上がる銘柄をただ知りたいだけ」という方は裏サロン「DrKKのCANSLIM投資裏速報」への移動をお願いします↓
https://drkkcanslim-u.fc2.net/




関連著作一覧↓

「ど素人が7日で株式投資をする方法」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 パート2」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 パート3」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 チャート集」

「オニールの成長株発掘法を株探で実践する方法 天井サイン集」


「オニールの成長株発掘法を米国株で実践する方法」

「オニールの空売り練習帖を株探で実践する方法」

「IPOのUターン型で短期でガツンと稼ぐ方法」

「テンバガーを株探でスクリーニングする方法」

「株式投資3日でメンタルをコントロールする方法」

「月1回わずか5分で1億の資産を築く方法」


<留意事項>

※当マガブロは不特定多数の方への投資情報提供を目的するメディアであり、個別銘柄における投資助言に該当するようなメール・コメント等での投資判断に関する個別回答などは一切できませんので予めご了承下さい。
また、販売する情報は、投資の勧誘を目的としたものではありません。その情報は利益をもたらすことを保証するものではありません。投資は自己責任です。株式投資は利益をもたらすこともあれば、逆に、大きな損失をもたらす可能性があります

※当マガブロ(電子雑誌・メディア)の販売はFC2社により行われており、FC2マガブロというブログ媒体で著名な公のサービスを利用して、どなたでも、随時の(継続もしくは単発記事による任意の)利用が可能です。なお、当マガブロのベースとなる考え方は著者の過去の書籍ですべての方がご参照いただけます。

フリーエリア

検索フォーム